未来を見据えた環境調和型商品を提供します

"エコグリーンシオカワ通信(No.3)"

(2002.2号)

全ては自己完結型!

巻頭言

 人の人生は、その人がしてきたことの反映として結果がついてきます。
 しかし、それを明確に認識している人は少ないのではないでしょうか?
 だから、自分以外の人やモノに対して、傍若無人なことも出来るのでは。
 特に、現在犯罪と言われていることをしてしまう人も出てきます。

 誰も見ていなければ大丈夫なのでしょうか。
 裁判で勝利すれば、おとがめはないのでしょうか?
 本来、人が人を裁く必要がそれほどあるのでしょうか?
 でも現在は、歴然と人的裁きが行われていますが。

 現在人々は、地球環境を破壊し続けています。
 その反映として、人の体は徐々に破壊されてきています。
 抗生物質耐性菌の発生も、人間がしてきたことの反映です。
 新生ウイルスは、人間への微生物の反発から生まれてきたモノでは。

 自分さえ良ければという発想で、他を害すことは、自分を害すること。
 農薬や化学物質を使うことの反動は、使った本人にも及びます。
 それらに直接触れないようにしても、回り回って帰って来ます。
 なぜなら、自分がした通りに跳ね返ってくるから。

 それが、自然の・宇宙の法則とでも言えるものだから。
 それを体験した人は、わかっています。
 わかっている人は、もう他を傷つけようとはしません。
 わかってない・気付いてない人が、わかる・気付くまで行います。

 アメリカが受けたテロ行為は、アメリカがしてきたことの反映です。
 テロへの報復が、今後どのような結果に結びつくのでしょうか?
 今後起こる反映に対して、アメリカがどう気付くかが重要です。
 対応の仕方によっては、世界の秩序が大きく変わるかもしれません。

 他の人に対しては、憎む、恨む、妬む、嫉むことは必要ありません。
 その人(人々)がやった通りにその人(人々)に跳ね返ってくるのですから。
 自然界に対しても、人間がした通りに、人間に跳ね返ってきます。
 自然界に対して謙虚に、そして自然界から学びましょう!

塩川 富士夫(しおがわ ふじお)




「鰍dLP」のホームへ